滋賀民医連 > 医師・医学生のページ > 医学生向け取り組み
医師・学生のページ

医学生向け取り組み

専門家に話を聞こう!第7弾 夕食会

夕食会とは…医学生が集まって、ご飯を食べながら、興味あることや知りたいことを楽しく学び、交流しています。

参加費無料

日時:1月15日(火)18:30~
場所:民医連滋賀医学生センター
(瀬田駅口交差点、居酒屋「白木屋」さん横の階段で2階へ)

『国試のツボシリーズ』作者が伝える ~勉強を楽しむ方法~
講師:井上賀元医師
(京都民医連中央病院臨床研修プログラム責任者)
井上医師は、滋賀医科大学を2001年卒業。在学中に『国試のツボ』などのツボシリーズを作成されました。現在は、京都民医連中央病院にてホスピタリストとして、日々の診療や研修医の育成にあたっておられます。今回は、ツボシリーズの誕生秘話や、医師として必要な考え方について、医学生のうちに出来ることをお話ししていただきます。

★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます


【お問合わせ・申し込み】民医連滋賀医学生センター
TEL077-543-5224 MAIL:ms-shiga@shiagamin.jp

このページの上に

専門家に話を聞こう!第6弾 夕食会

夕食会とは…医学生が集まって、ご飯を食べながら、興味あることや知りたいことを楽しく学び、交流しています。

参加費無料

日時:11月30日(金)18:30~
場所:民医連滋賀医学生センター
(瀬田駅口交差点、居酒屋「白木屋」さん横の階段で2階へ)

今の自分をつくったもの ~在宅医療から見えてくるもの~
講師:今村浩医師(坂本民主診療所所長)
坂本民主診療所は、大津市北部の患者さんや地域の方々の要望で1989年に設立されました。開設時から23年、所長として奮闘されてきた今村医師は、診療所の中にとどまらず、外に出て患者さんを診たり、患者さんのために必要な活動をされてきました。今村医師からは、現場で感じた地域医療の魅力や課題を話ししていただきます。

★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます


【お問合わせ・申し込み】民医連滋賀医学生センター
TEL077-543-5224 MAIL:ms-shiga@shiagamin.jp

このページの上に

高齢者疑似体験&紅葉ツアー

将来、ケアする患者さんの気持ちや状態を体験してみませんか?

高齢者疑似体験とは 耳栓や特殊メガネ、サポーターやおもり等を装着することにより 自分の今の年齢から一挙に80歳程度の高齢者になった状態を、疑似的に体験するものです。

日時:11月23日(金・祝)10時~13時ごろ(予定)
場所:坂本地域・日吉大社周辺
集合:老人保健施設 日和の里(坂本民主診療所となり)
★JR比叡山坂本駅下車 徒歩10分
★京阪石坂線 坂本駅下車 徒歩8分
参加費:無料(昼食込み)
★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます


【お問合わせ・申し込み】民医連滋賀医学生センター
TEL077-543-5224 MAIL:ms-shiga@shiagamin.jp

このページの上に

専門家に話を聞こう!第5弾 夕食会

夕食会とは…医学生が集まって、ご飯を食べながら、興味あることや知りたいことを楽しく学び、交流しています。

参加費無料

日時:11月2日(金)18:30~
場所:民医連滋賀医学生センター
(瀬田駅口交差点、居酒屋「白木屋」さん横の階段で2階へ)

今の自分をつくったもの ~臨床医と研究医と科学者と~
講師:中村賢治医師(大阪社会医学研究所所長)
大阪社会医学研究所では、仕事が原因となる職業病などの診療を行っています。過労死問題にも、大阪社会医学研究所のスタッフが先駆けて取り組まれました。最近では、アスベストや水俣病などの健診・調査も行っています。

★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます


【お問合わせ・申し込み】民医連滋賀医学生センター
TEL077-543-5224 MAIL:ms-shiga@shiagamin.jp

このページの上に

第15回関西合同カンファレンス

学会形式の症例発表ではなく、研修医を主な対象として日常の臨床現場で遭遇するありふれた症状や兆候に対してどのような思考過程で問題解決に至るのかをテーマとし症例検討を行います。 前半の症例検討や後半の講演だけでも聴講できますので気軽にお越しください。

【日程】7月28日(土)15:00~
<Time Schedule>
15:00 開始
症例検討
17:00 記念講演
18:30 終了・交流会
★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます


◆症例検討(グループディスカッション)
◆記念講演
『研修医が身につけるべき感染症診療・1100の原則』

藤田 芳正 医師

【開催場所】のざと診療所 TEL:06-4808-8151
民医連関西臨床研修センター

【お問合わせ・申し込み】民医連滋賀医学生センター
TEL077-543-5224 MAIL:ms-shiga@shiagamin.jp

このページの上に

専門家に話を聞こう!第4弾 オキナワ フクシマ 憲法 ~メディアが報道しない理由~

ジャーナリストがみた現場の真実を話していただきます。

基地・原発問題から見えてくるものとは…

参加費無料

【日程】
2012年7月13日(金)
18:30~20:30

(18:30~19:30 講演  19:30~20:30 夕食交流)

【講師】柴野徹夫氏(ジャーナリスト)

〈プロフィール〉ジャーナリスト。「敦賀原発事故スクープ」で第24回ジャーナリスト会議奨励賞受賞。現在は、「憲法9条・メッセージ・プロジェクト」編集代表を務められる。著書に『原発のある風景』、『僕らが医者をやめない理由』など多数。


★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます
【開催場所】民医連滋賀医学生センター(JR瀬田駅徒歩4分 白木屋さん横階段を2階へ)

【お問合わせ・申し込み】民医連滋賀医学生センター
TEL077-543-5224 MAIL:ms-shiga@shiagamin.jp

このページの上に

民医連滋賀医学生センター企画 看護師から見た医者~医者にもの申す~

今回は看護師長に話をしてもらいます。看護師の仕事とは、どのような思いで医療にあたっているのか、医師との関わりで困ったこと、医師に求める事などを熱く語ってもらいます。
医者と看護師の協同は不可欠です。患者関係や医療を実践する中で、医師は他の専門職などと連携し、意見を求められる立場になります。医師となってから看護師の話を聞くのは難しい!!
今だからこそ病院で看護師に嫌われない方法を聞いてみては?

参加費無料

【日程】
2012年6月22日(金)
18:30~20:45(予定)
【講師】  看護師長
タイムスケジュール
18:30~19:15 看護師長の話
19:15~20:45 夕食+質疑応答※夕食はこちらで用意します


★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます
【開催場所】民医連滋賀医学生センター(JR瀬田駅徒歩4分 白木屋さん横階段を2階へ)

【お問合わせ・申し込み】民医連滋賀医学生センター
TEL077-543-5224 MAIL:ms-shiga@shiagamin.jp

このページの上に

民医連滋賀医学生センター企画 予防医学~家庭医の視点から~

予防医学とは食生活、運動、生活集団などを正し、病気になりにくい身体を作ることで病気を未然に防ぐ医学です。病気になったら治すという「治療医学」に対して、病気にならないように予防するのが「予防医学」です。

参加費無料

【日程】2012年5月25日(金)18:30~20:30(予定)
【講師】佐々木隆史 医師(膳所診療所)
※地域の最前線で医療をおこなっている家庭医の視点から、予防医学について話をしていただきます。
18:30~19:00 佐々木医師の話

19:00~19:30 質疑応答

19:30~20:30 夕食+交流(夕食はこちらで用意します)


★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます
【開催場所】民医連滋賀医学生センター(JR瀬田駅徒歩4分 白木屋さん横階段を2階へ)

【お問合わせ・申し込み】民医連滋賀医学生センター
TEL077-543-5224 MAIL:ms-shiga@shiagamin.jp

このページの上に

中村哲医師講演会

医師、井戸を掘る
アフガニスタンの池で一人の医師が用水路建設をはじめる
-それは一つの医療行為であった-
参加費無料
【日程】2012年5月19日(土)13:30~16:30
【開催場所】神戸市教育会館大ホール
JR元町駅から徒歩8分
市営地下鉄・県庁前駅から徒歩5分
阪急三宮駅西口より徒歩15分
★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます


【Time Schedule】
13:00~受付開始
13:30~開会・挨拶
13:40~中村医師講演
15:20~休憩
15:30~パネルディスカッション
中村医師、東医師、田村医師
16:00~質疑応答
16:30~ 終了

【お問合わせ・申し込み】民医連滋賀医学生センター
TEL077-543-5224 MAIL:ms-shiga@shiagamin.jp

このページの上に

民医連滋賀医学生センター企画
MSW(医療ソーシャルワーカー)の話を聞いてみよう

医療ソーシャルワーカ一(MSW)とは、医療上、生活上の相談に応じるために、主に病院や老人保健施設で活動しています。
退院時のサポート、転院の必要な患者さんの調整、社会復帰に向けてリハビリテーションが必要な患者さんには、それぞれの状況に合う施設の紹介など、たくさんの役割を担っています。
社会福祉や医療の知識をもちながらも、医師や看護師、地域の医療機関等と連携をとりながら仕事を進めていく資質を要求されるのが、医療ソーシャルワーカ一(MSW)です。
★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます


【日程】2012年4月27日(金)18:30~20:30(予定)
【開催場所】民医連滋賀医学生センター
【講師】上妻英樹氏(吉祥院病院・MSW)
18:30~19:00 上妻さんの話
19:00~19:30 質疑応答
19:30~20:30 交流
※講師の上妻さんからは、MSWとはどういう役割の仕事なのかといった話や、現場で遭遇する事例など、分かりやすくお話してもらいます。
【お問合わせ・申し込み】民医連滋賀医学生センター
TEL077-543-5224 MAIL:ms-shiga@shiagamin.jp

このページの上に

1 2 3 4 5 6 7 8 9