滋賀民医連 > お知らせ
お知らせ
医師・医学生のページ 申込み・資料請求フォーム

原発事故関連学習会 『原発事故を正しく理解するために』

2011年6月30日(木)午後6時半~8時
会場:坂本民主診療所ホール
講師:平野治和先生(福井民医連・光陽生協病院長)
★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます
参加は事前にご連絡ください
主催:滋賀民医連・共同組織連絡会

このページの上に

2011年度「滋賀県反核平和連絡会」学習会

2011年6月25日(土) 午後3時~5時半
『原発と核兵器』 ~被爆者医療からみた原発事故~
会場:滋賀弁護士会館(JR大津駅下車徒歩1分)
内容:Ⅰ部「滋賀県反核平和連絡会」の運動について
   Ⅱ部 学習講演会 (午後3時半~5時半) 
講師:郷地秀夫先生
(東神戸診療所所長、原爆症訴訟支援ネット・兵庫共同代表)
★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます
参加は事前にご連絡ください
お問合せ:「滋賀県反核平和連絡会」
連絡先:大津市一里山1-9-15 エミールキシ201号 電話(077)543-3077 FAX(077)543-5204

このページの上に

イキイキのびのび健康まつり滋賀民医連40周年・膳所診療所健康友の会20周年記念

日程:2011年5月29日(日)10:00~15:00
開催場所:膳所公園(小雨決行、大雨の場合は中止)

<メイン企画>
ウクライナの歌姫 ナターシャ・グジーコンサート
<こんな、コーナーもありますよ!>
*健康コーナー *子どもコーナー
*模擬店 *フリーマーケット
*相談コーナー *抽せんコーナー
滋賀民医連の展示コーナーもあります。
★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます


障害をもつ人の介助などのボランティア募集中!
ボランティア申込み先:民医連滋賀医学生センター 担当 福塚
メールの場合は件名に「健康まつりボランティア」と記載してください。
(連絡先はコチラ)

このページの上に

第8回健康まつり

日程:2011年4月29日(金・祝)10:00~14:00
開催場所:坂本民主診療所・日和の里駐車場

<スケジュール>
13:00~ 開(友の会ホール)
国境なき芸能団 笑福亭鶴笑さん落語会
お手軽健康チェック、模擬店、ステージ出演など
★★画像をクリックするとPDFファイルが表示されます


健康チェック・介護のボランティア募集中!
ボランティア申込み先:民医連滋賀医学生センター 担当 福塚
(連絡先はコチラ)

主催:健康まつり実行委員会(しが健康友の会・坂本民主診療所・老健「日和の里」・在宅ケアステーション「コスモス」)坂本民主診療所内 大津市坂本6丁目25―30 TEL:077-579-5020

このページの上に

滋賀民主医療機関連合会「事務局」移転のお知らせ

師走を迎えなにかとご繁忙の折りと拝察いたします。
さて、この度、滋賀民医連事務局は、滋賀民医連中長期計画を見すえた県連機能の新たな整理などから、12月7日(月)より移転することになりましたのでご案内申し上げます。
新事務所として移転する所は、JR瀬田駅より徒歩2分程度の「学園通りと、一号線の交差点・瀬田駅口」東南角の「エミール・キシ2階の201号」です。

なお、現在「エミール・キシ902号」に入居している「滋賀民医連医学生センター」も14日(月)より「201号」に移動いたします。
これを機に、滋賀県下を見据えた民医連運動の拠点となれるよう努める所存です。
どうか、今後とも旧に倍するご指導ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

滋賀民主医療機関連合会
会 長 今村 浩
事務局長 塚本 昌子

所在地
〒520-2153 大津市一里山1-9-15 エミール・キシ201号
電 話 077-543-3077 FAX 077-543-5204
メールアドレス shiga@shigamin.jp
※電話・FAX番号が、変更になりましたのでよろしくお願いいたします。
※滋賀民医連医学生センターの電話(077-543-5224)は今までどおりです。

このページの上に

『いのちの山河~日本の青空Ⅱ』大津市上映会のご案内

日時:2010年1月7日(木)14時30分~・18時30分~ 2回公演
場所:大津市民会館 大ホール
  • ・製作協力券でご覧になれます(1000円販売中)
    ※制作協力券はこの後の上映でも使えます
  • ・当日参加者 1499円
お問合せ
  • 映画「いのちの山河~日本の青空Ⅱ~」滋賀県製作支援推進委員会
  • 滋賀民医連内 TEL:077-526-8149
  • 製作委員会滋賀県事務局 TEL:075-581-0066
  • または滋賀民医連の各事業所まで
※この試写会を受けて各市町村で上映実行委員会を作って上映運動をします
会場地図とアクセス
滋賀県大津市島の関14−1
TEL:‎077-525-1234‎(市民会館)  FAX:077-525-1788
JRをご利用の方は、「大津」駅下車北口からびわ湖方面へ徒歩10分
京阪電車をご利用の方は、京津線「浜大津」駅下車徒歩7分。石山坂本線「島ノ関」駅下車徒歩3分
※お車でのご来場は固くお断りしております。
ご来場の際には公共交通機関のご利用をお願いします。

このページの上に

『いのちの山河~日本の青空Ⅱ』制作協力者大募集!!

深澤晟雄深澤晟雄 [ ふかさわまさお ] さん(写真)は、1960年、日本で初めて乳児とお年寄り(60歳以上)の医療費を無料化して、1962年には、日本で初めて乳児死亡率ゼロを達成した岩手県沢内村の村長さん。
「医療費無料化は法律違反」と攻撃する国・県・保守系議員たちを相手に、一歩もひかず「法には違反するかもしれないが、憲法には違反しません。国が国民の生命を守らないなら、私がやりましょう。国は後からついてきますよ」と、行政が責任をもって住民の生命を守る姿勢をつらぬきました。いま、深澤村長と村人たちを描いた劇映画の製作がすすんでいます。この映画は──憲法25条が光り輝く映画です。国が社会保障の責任を放棄し、福祉を19世紀的救貧対策に後退させようとしているだけに、いま憲法の精神をしっかりつかみ、国に守らせるたたかいが重要です。自治体とその首長の役割を浮き彫りにする映画です。戦前から沢内村で「種」をまき、深澤村政を生みだし、ささえた人びとがいます。斎藤龍雄・アヤ夫妻(ともに医師)をはじめ、戦後、民医連運動の先駆けとなった人たちです。民医連の先輩たちが築きあげた到達に誇りと確信をもち、継承・発展させるうえで、この映画は大きな役割を果たすでしょう。
ぜひ1口1000円の製作協力券を! この映画の性格にふさわしく、草の根からの資金協力で製作費(約2億円)を集めています。製作協力券は、全国の上映会場で共通入場券(1回限り)としても使えます。ぜひ、多くのみなさんのご協力をお願いします。

あらすじ

沢内村地図“豪雪・多病・貧困”──とてつもなく大きな問題を抱えていた、山奥の小さな村・沢内村。長く無医村であったこの地で、父親から医者になることを期待されながらも村を離れていた深澤晟雄は、戦後、妻と帰郷する。
昔と変わらぬ悲惨な状況を前に、晟雄は「なんとか村をよくしたい」と、立ち上がった。村をとりまく困難を打破しようと“同志”たちと語りあい、村民に語りかけ、自らの信念である『生命尊重』行政のありかたを説き、いよいよ村民の医療費無料化に踏み切ろうと決意する。が、そこで“国民健康保険法違反”という壁に突き当たる。
記念碑晟雄は、村民のいのちのため、なんとしてでも実現させようと、憲法25条を力に、老人・乳児医療費無料化を推し進めていった。そして、全国で最悪の乳児死亡率だった村が、全国初の乳児死亡率“ゼロ”という記録を生みだすまでになる。そこに辿りつくまでには、晟雄と村民たちの奮闘の日々と、数々のドラマがあった……。(写真は沢内病院前にある老人医療費無料化のシンボル「いのちの灯」記念碑)

おもな配役

主な出演者

監督

大澤豊監督大澤豊
1935年11月、群馬県高崎市に生まれる。
山本薩夫、勅使河原宏、黒澤明監督らの助監督をつとめ、1981年、後藤俊夫監督、神山征二郎監督と「こぶしプロダクション」を設立。監督、プロデューサーとして活動。主な代表作品──「GAMA-月桃の花」、「ガキ大将行進曲」、「アイ・ラヴ・ピース」、「日本の青空」。

撮影風景







2007年4月16日付『赤旗』のコラム「潮流」より

『女性のひろば』五月号には心を動かされました。「子ども医療費無料へ」の特集です。
▼いっせい地方選の後半戦でも、子ども医療費の無料化をおしすすめるかどうかが話題になる自治体は多い。近ごろ急に、無料化に熱心なそぶりをしめす政党もあります。しかし特集によると、今日への脈々とした流れは、半世紀近く前に始まっています
▼一九六一年、初めて乳児の医療費を無料にする村が現れました。岩手県沢内村(いま西和賀町)です。雪が多く貧しい村でした。〝赤ん坊が死んで三十㌔離れた隣町のお医者さんまで歩いていったら夜になり、おんぶしたまま夜をあかすと、同じように死んだ子どもを背負った親が五人もいた〞。村に伝わる話です。
▼当時の深沢晟雄村長が無料化を決断し、翌年に乳児死亡率ゼロを記録します。以後、新日本婦人の会などお母さんたちの運動とともに、全国各地の子ども医療の助成や無料化へと広がっていきました。いまでは中学生まで、あるいは高校生までの自治体もあります。▼深沢村長と親しく、沢内村に生命尊重の灯のいしずえを築いたとされるのが、のちの日本共産党の岩手県委員長、斎藤龍雄さんと妻アヤさん。医師の二人は戦後、村の診療所に勤め、深沢さんらと農民学校を開いていました。党の先輩では、やはり医師だった浦井洋衆院議員(当時)が一九七一年、国会でいち早く乳幼児の医療費無料化を求めています。
▼日本の母たちの愛がはぐくみ刻む、人権確立のたたかい。歩みはやみません。

製作支援金急募!!

実はいま、一口1000円の製作協力券の普及速度が映画製作のスケジュールに追いつかず、完成予定に遅れが出ています。実行委員会では、1口百万円の支援金(2011年返済の貸付)も急募しています。お力添えいただける方は、「滋賀民医連」まで詳細をお問合わせください。

このページの上に

益川敏英さん!平和の大切さ!!核兵器廃絶の重要性を語る

「益川敏英さん!平和の大切さ!!核兵器廃絶の重要性を語る」チラシ参加無料!どなたでもご参加頂けます

  • 日時: 2009年11月8日(日)14時~(13時半開場)
  • 会場: 立命館びわこくさつキャンパス


このページの上に

病院見学・プログラム説明会のご案内

忙しくてなかなか時間がとれなそうにないという方には、「京都民医連中央病院臨床研修プログラム」のエッセンスをお伝えする病院見学会・プログラム説明会をおすすめします。計9回を予定しておりますので、ぜひご参加ください。

  病院見学会 プログラム説明会
6/27(土) 10:00-10:30田中医局課長 10:30-11:00副院長 臨床研修部長 高木医師(京都大 87年卒)
7/11(土) 10:00-10:30田中医局課長 10:30-11:00集中治療科科長 井上医師(滋賀医大 01年卒)
7/25(土) 10:00-10:30田中医局課長 10:30-11:00副院長 臨床研修部長 高木医師(京都大 87年卒)
8/5(水) 14:00-14:30田中医局課長 14:30-15:00集中治療科科長 井上医師(滋賀医大 01年卒)
8/8(土) 10:00-10:30田中医局課長 10:30-11:00
副院長 臨床研修部長 高木医師(京都大 87年卒)
8/14(金) 14:00-14:30田中医局課長 14:30-15:00集中治療科科長 井上医師(滋賀医大 01年卒)
8/19(水) 14:00-14:30田中医局課長 14:30-15:00副院長 臨床研修部長 高木医師(京都大 87年卒)
8/22(土) 10:00-10:30田中医局課長 10:30-11:00集中治療科科長 井上医師(滋賀医大 01年卒)
8/28(金) 14:00-14:30田中医局課長 14:30-15:00
副院長 臨床研修部長 高木医師(京都大 87年卒)

プログラム説明会については、高木医師、井上医師のいづれかの医師よりのご説明となります。
平日、水曜日・金曜日、午後の時間帯は若干開始時刻が変更となることがあります。
詳しくはお問い合わせください 。

申し込み・問い合わせ先

■民医連滋賀医学生センター

□Post …大津市一里山1-9-15エミール・キシ201
□Tel …077(543)5224
□Fax …077(543)5204
□Mail …ms-shiga@shigamin.jp
□URL …http://shigamin.jp

■全国の民医連加盟臨床研修病院についてご相談を承ります

このページの上に

1 2 3